丸の内タニタ食堂が宅配食でも提供

丸の内タニタ食堂が宅配食でも提供

丸の内タニタ食堂が宅配食でも提供

丸の内タニタ食堂が宅配食でも提供

丸の内タニタ食堂の宅配食とは

丸の内タニタ食堂がオープンしたことで、健康的な食事がいつでも食べられるとして、今や健康食の代名詞となりつつあります。
そして、丸の内の食堂で集客損ねている顧客を開拓するため、新たな事業へと参入しました。
それが宅配食サービス事業です。
ターゲットとしているのが「社員食堂の食事を食べてみたい」と思っている顧客で、そのブランド力で他の宅配食業者とは一線を置いた形となっています。
宅配食サービスを提供するにあたり、大手給食事業者のレパストと組み宅配サービス「からだ倶楽部」を開始していて、サービスエリアの拡大にも意欲的です。
宅配食は、レパストが弁当の製造と配送を担当し、タニタは弁当のメニュー監修を行っています。
からだ倶楽部は1日2食(夕食と翌朝の朝食)が1セットとして、平日5日分を1週間分を販売単位として2016年2月から注文を受け付けています。
更に、4月からは1ヶ月単位でも注文が可能となります。
健康食ブランドでは強いこの企業の食事ですが、他社と提携して宅配食を提供していることから、その味と料金が気になるところです。
リーズナブルな料金で宅配食を提供しているウェルネスダイニングと比較すると、やはり割高となっています。

ウェルネスダイニングの宅配食はコスパが良い

健康食ブームのきっかけとも言えるタニタが宅配食サービスを始めましたが、ターゲットとしている顧客に関して他の宅配食サービスとは違いがあり、社員食堂の料理を食べたいという目的の顧客をターゲットに絞っています。
そのため、10食(送料込み)で1万1,000円、1食あたり約1,100円となっています。
宅配食サービスで人気のあるウェルネスダイニングでは1食あたり約600円なので、その高さが良く分かります。
宅配食では1食1,000円くらい出さないと美味しくないのかと言うと、決してそんなことはありません。
ウェルネスダイニングは、カロリー制限食や塩分制限食などの気配り宅配食を提供していますが、食事に制限のない方でも利用できるよう、通常食での宅配サービスも行っています。
肝心な料理ですが、全ての宅配食において管理栄養士の厳しいチェックのもと作られているため、タニタの味にも決して劣ることはありません。
美味しく栄養バランスの良い食事は毎日続ける必要がありますが、いつも手の込んだ食事を何品も作ることは難しく、自分で栄養管理を行うこともとても大変です。
このような時に宅配サービスを利用したいと思いますが、割高では継続することは難しいです。
こうした場合にウェルネスダイニングがとても便利だと言えます。

お気に入りランキング
1位 ウェルネスダイニング
 ・・・最初にまとめ買いがお得です
2位 わんまいる
 ・・・だしがきいててうまみがすごい。無添加
3位 やわらかダイニング
 ・・・お年寄りのためのやわらかい食事なら!
4位 食宅便
 ・・・メニューが豊富で選べるのが魅力。
5位 ワタミの宅食

わたしのおすすめはウェルネスダイニングです。初回お試しセットがお買い得なんですが、そんなお買い得なお試しセットでもまとめて買えば買うほどお得。1番よいのは21食セットです。しっかり食べたいならたんぱく質調整コースがよい。ダイエット向けならカロリー240のコースがおすすめ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*